So What?な日々

1年間ありがとうございました

早速ですが、このブログ「So What?な日々」は
本日をもちまして更新を終了させていただき
管理人けろっぴーが持つもう一つのブログ「ねこでこ茶屋」に内容を移行して
今後もイチロー選手&マリナーズを応援させていただくことにいたしました。

今まで1年間という短い間でしたが
ご訪問いただき、時には有り難いコメントの数々もいただき
本当に感謝の念にたえません。ありがとうございました。

メジャーもキャンプが始まり、いよいよシーズン開幕へのカウントダウンとなりました!
ぜひ、皆様と一緒に今年もメジャーを楽しみたいなと思っています。
「ねこでこ茶屋」でお会いするのをお待ちしております~。

ねこでこ茶屋
http://exblog.nekodeko.jp/
[PR]
# by keroppys | 2007-02-26 08:35

夢の星野ジャパン

東京新聞「こちら特報部」から。

野球に詳しい4人の有名人それぞれが
選手の希望や事情、所属球団の意向はあえて無視した上で
星野ジャパンチームを勝手に結成~!


<大リーグ評論家 福島良一氏>

1・イチロー(ライト)
2.井口(セカンド)
3.福留(センター)
4.松井秀(レフト)
5.松中(DH)
6.城島(キャッチャー)
7.岩村(サード)
8.小笠原(ファースト)
9.松井嫁(ショート)
先発:松坂
中継ぎ:岩瀬
抑え:大塚


<落語家 ヨネスケ氏>

1.イチロー(センター)
2.井口(セカンド)
3.松中(DH)
4.松井秀(レフト)
5.小笠原(ファースト)
6.小久保(サード)
7.城島(キャッチャー)
8.田口(ライト)
9.松井嫁(ショート)
先発:松坂
中継ぎ:井川
抑え:大塚


<プロ野球解説者 江本孟紀氏>

1.青木(ライト)
2.井端(ショート)
3.イチロー(センター)
4.松井秀(レフト)
5.岩村(サード)
6.小笠原(ファースト)
7.阿部(キャッチャー)
8.井口(セカンド)
9.金本(DH)
先発:斉藤和
中継ぎ:藤川
抑え:岩瀬


<元パ・リーグ記録部長 千葉功氏>

1.イチロー(ライト)
2.井口(セカンド)
3.小笠原(ファースト)
4.松井秀(レフト)
5.福留(センター)
6.松中(DH)
7.岩村(サード)
8.城島(キャッチャー)
9.井端(ショート)
先発:松坂
中継ぎ:藤川
抑え:岩瀬


まさにドリームですねぇ。
4方とも、イチローと松井秀を選んでるのですが、まあ、これはムリでしょうね。
個人的には、江本氏のチームとか、結構、好きかも。

ただね。ヨネスケさんも紙上でおっしゃってるんですが、
相手チームがドリームチームじゃないのに、日本がドリームチームで戦っても
ファンはWBCのときほど燃えないだろうし、
WBCのメンバー選考のときに非協力的だった方たちが
今回、手のひら返したように協力的なのも、何かタイミングが悪いというか、的はずれというか。
もしも苦戦したり予選負けしたりしたら、またコロッと態度が変わっちゃったりして(苦笑)。


でも、星野監督には、イイ思いをしていただきたいし
やっぱり、悲願の金が欲しいですよね。
選ばれた選手は、どうぞ辞退せずに頑張ってほしいなと思いマス。
[PR]
# by keroppys | 2007-01-27 22:24

GMランク、メジャー最下位だってさ。

久しぶりに書く記事のネタが、
またゴミ記事っていうのが悲しい、自分。

ZAKZAK「GMランク、マリナーズ最下位・・・イチロー移籍話再燃も


イチローが静かなのをいいことに、
どうして、こんなしょーもない記事を書くんだ。サンケイさん。
まあ、ネタがないからしょーがないか。

まずさ、「問題はハーグローブ監督との親密な関係だ、とささやかれる」
って・・・・日本語、間違ってないか??
イチローとハーグローブは親密なのかい、そうじゃないのかい?
どっちだよ。

それから
ハーグローブとの確執は、去年のオフの話です。
「1番打者はもっと出塁率を上げてほしい」
というハーグローブの発言に関しても、オフの間にすっかり誤解がとけてます。
地元の記者が報道してますし、日本のファンの間でも周知の事実です。
去年シーズン中も、私も含めたファンが、
あまりにヒドイ采配ぶりに、イチローと監督の中がうまくいってるのか
再び心配しながらマリナーズの試合を観ていたけど、
シーズン後半のある時期、イチローはきっちりとハーグローブへの信頼をメディアに向けて口にしています。

メディアのくせして、こんな亀のような遅い、その上、今となっては的はずれな情報を流してるなんて、どういう魂胆で仕事してんのかなぁ。

ま、ゴミ記事に反応する私もヒマなんですが(苦笑)
バベシが最下位ということで、
改めて、ヒドイチームを応援しているんだなあということを
身に染みて感じたわけであります。

あ~あ、それでも、シーズン再開を指折り数えて楽しみに待ってる私。。。
痛みって、忘れやすいのよネぇ。。。
ばかだなあ、ファンってものは。
[PR]
# by keroppys | 2007-01-26 07:39

めんどくさいよ、サンケイスポーツ

このサンケイスポーツの記事を昨日読んだけど、まったく信じませんでした。

だって
最近のイチローの雑誌インタビューやテレビのインタビューを観れば
この記事を書いている記者の思惑が疑わしいのは一目瞭然ですよ。
もしそうだとしたら、「Number」や「イチ流」での彼の発言はいったいなんだったの。
イチローはジキルとハイドかよ、ってことになりますよ。

第一、イチローのファンであれば
彼が、今の時点でこんなイヤラシイことを考えるとは思えない。

信じてないからどうでもいい記事だったけど
地元に、この内容が流れたらいやだなあと思っていたら、
げ、早くも流れちゃったんですね。。。

Major.JP
スポーツ・ナビ
シアトルタイムス

あー、もう、ホントーにメンドーなことしてくれるよなあ。
サンケイスポーツさーん。勘弁してくださーい。
[PR]
# by keroppys | 2007-01-14 15:00

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
昨年は本当にお世話になりました~!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

ところで!
昨晩の「イチ流!」観ましたか?
私は当然、観ましたヨ

久しぶりのイチロー。
なんか、年々、歳を重ねるごとに
穏和になって、かっこよくなって、若々しくなっていく(でも、どっかおっさんくさかったり・笑)
彼の姿は観ていて本当にマジで楽しい~!

カジノですごく楽しんでるイチローも見応えあったけど
インタビューの中で
日米野球を辞退した選手への物言い。
よく言った!って思いました。
WBCで優勝したからって、メジャーより自分が強いなんて勘違いするな!
そう思った時点でもう負けてるんだ!
っていうようなことですよね。

それから、マリナーズへの思い。
先日の「Number」の中で、イチロー自身があれだけシアトル愛を表明しているのに関わらず
未だに、ほかの強いチームへ行くべきだとか言ってるファンもいたりするけど
昨日のインタビューを聞いてるかぎりでは
イチロー自身が、強いチームへ自ら行くような選手ではないことは明らかですよね。

ほかにも書きたいこといっぱいあるんだけど
そのうち、またかきおこせたら・・・と思ってます(あくまで予定だけど)

そうそう・・・
カジノでのイチローの感想・・・
「この中、窓が一つもないから、時間が経つのを忘れてしまいそう。。。
家族の写真とか持っていないとダメかも(笑)」
うちの旦那に聞かせたいって思いましたワ。。。
パチンコに行くと、いつ帰ってくるかわかりゃしない・・・
[PR]
# by keroppys | 2007-01-07 13:37

おいおい、大丈夫かぁ?

ストーブリーグ真っ最中。
な~んにも聞こえてこなかったマリナーズにやっと動きが。
と思ったら、
なんと、ラファエル・ソリアーノくんがトレードでアトランタへ出されてしまいました・・・
あ~~ん!
ペドロ・マルチネスのような腕のしなるピッチング、結構、好きだったんだよなあ。
若いし、ケガさえ少なければ将来のマリナーズを担う先発ピッチャーになれると思ったのに。。。
まあ、今が一番の旬ってことで高い値で売れたんだろうけど
その相手が?なんとかラミレス?・・・・すみません・・・この方、よく知りません。。。
先発投手を捜していたのは分かりますけど、
この人が、それに相当するピッチャーなの??
ソリアーノくんに見合うピッチャーなのかい?
う~~~~~~~~~ん。
私、こういう市場状況には詳しくないし、
実際に箱を開けてみなければ、このトレードが良かったかどうか判断はつかいないけど。。

なんか、バベシって・・・しょぼい買い物する人だな。


それからホセ・ギーエンが新しく加入することになったようで。
この人、エンジェルス時代を見るかぎり、結構、いいところで打つ怖いバッターっていうイメージがある。
その上、強肩の持ち主。確か、彼がレフトを守っていて、ホームインしようとしたマリナーズの選手がホームで刺された記憶がある。
スローイングの美しさや正確さはイチローのほうが全然、上だけど
何か、爆発力のあるスローイングだったような。

彼、ライトを守ることになりそうだけど、ちょっと心配だなあ。
結構、アクの強いというイメージの選手だし、
(同じくアクの強い)イチローとの間で、守備上のトラブルがなければいいのだけど。
センターが中心の守りにおいては、
レフト、ライトの人間には、身体能力とともに、状況判断のできる「頭脳」が必要だと思うのだけど、
はたして、このギーエン選手はそういうタイプなんだろうか。。。

申し訳ないけど、今までのスネリングや他の若い選手に対するような
優しい眼差しは、私は向けられないなあ。
一応、名の通っている選手だけにね。

だって、元「エリア51」を守るんですから。(キビシ~・苦笑)

ま、マリナーズに来た以上は応援しますけど
「やっぱり・・・・」ってことにはならないよう、願ってます。

そういや、松坂くん、まだ契約してないんだね。
松坂くんがゴネテるとは到底思えないし、日本人の気質からいってもあり得ないんだけど
ここまでごねると、本人のイメージが損なわれるようで、
ちょっと居たたまれないよ。
そもそも、代理人選びが間違ってたね。
お人好しの日本人は、あっちの調子のいい方々に騙されちゃいけないです。
[PR]
# by keroppys | 2006-12-08 12:10

イチローが日産CM復活!

見ました~~~~!
イチローのスカイラインのCM!
今さっき、19時台のフジテレビの枠で。
ちらっとしか見てないけど、あれはまさにイチローの声でした。
しばらく、日産のCMから離れていたけど
オトナになって成熟した今だからこそ
スポーティでラグジュアリーなスカイラインのイメージに
イチローがぴったりくるのでしょうかネ~。
[PR]
# by keroppys | 2006-11-21 19:31

松坂大輔狂騒曲

やれやれ。レッドソックスが60億で競り落としましたとさ。
びっくり・・・っていうより笑えますわ。
最初はマリナーズ、なんで松坂のポスティングに参加しない!って思ったけど、
あはは。。これじゃあ、しなくて正解ですわ。バッカバカシイ。
なんでも、メッツも44億で申し出てたそうで。
東側のお金持ち球団は、それぞれが隣近所(特にヤンクス)に松坂を獲られたくないばかりに必死になってたんですね。
ホクホクしてるのは西武だけで、松坂くん本人の実力と違うところで大金だけが浮いてるっていうのが・・・不思議な制度ですね、ポスティングちゅーのは。
それから、獲得したレッドドックスにとっては、松坂は20勝あたりまえ!って思ってるかもしれませんけど、20勝って、すごく大変なことですよ。
それを、朝の民放テレビであたりで、メジャーのこと知ってんのかどうか分かんないような人が、いとも簡単に言っちゃったりして・・・アホかいな。

まあ、松坂くん本人には、いろいろとプレッシャーもあるでしょうけど、
ケガだけにはくれぐれも気を付けて、家族ともども
すばらしいメジャー生活がおくれて、60億も吹っ飛ぶような活躍ができますよう、心から応援したいと思います。(とはいっても、レッドソックスには勝ってほしくないのが本音だけど!)

今から、すご~く心配なのは、日本のマスコミと日本人観光客の狂騒。
シアトルほどアジア人が多くもなく、ニューヨークほど喧噪に慣れていないはずのアカデミックでリベラルなボストンの町で(BY:ボストンに20年在住している幼なじみの話です。彼女は全くメジャーに興味なし。)
メジャーでの松坂くんが海千山千のものとも分からない前から、日の丸を振って騒いだりするのだけは恥ずかしいからやめてほしいなあ。
あの騒ぎはイチローやゴジラのときで終わりにしてほしい~。
それじゃなくても東は地元ファンもメディアも厳しいのだから、松坂くんがボストンになじみやすいように、せめて日本人は静かに見守ってやりましょうよぉ・・・って思うのは、おばさんだけかい?

っていうか、シアトルはどうなっちゃうんでしょ~か!?おーい。
[PR]
# by keroppys | 2006-11-16 11:32

NHK「城島が闘ったアメリカ」

うーん。シーズン半ばに放送したNHKのBS特番と内容的には変わらなかったので
特に今さら驚くような内容でも厳しい内容でもはなかったような。
キャッチャーだし、言葉や考え方の違いから、こんな軋轢があってもおかしくないでしょうね。
だけどそんな中、
城島くんは今シーズン、イチローが心の底から「あいつ、頑張ったよねぇ」ってねぎらいの言葉を発したように、本当に闘ったんだなあ、ってことを改めて感じました。
3アウトに相手打者をとったあと、ベンチに下がるまでの間にピッチャーに食い下がる彼の姿にはさすがに心を動かされました。
ああいうことって、なかなか普通の日本人にはできないです。

それから、ヘル坊やの素直って云えば素直だけど、バカっぽい(しつれ~い・笑)ともとれる発言も具体的に放送されてましたが、怒るに足らず。
日本人とラテン人の性質の違い以前に、かなり子供だなあと。
あえて言えば、私の中の彼への「裸の王様ならぬ坊や度」ランクがちょっと上がっただけ(笑)。
まあ、城島くんはもちろん、ヘルナンデスだって、相手を敬い理解する気持ちがなければ、野球は勝てないし、一人ではできないし、勝てたとしても成長はできないってこと。
これは日本もアメリカも同じだよね。
ヘル坊のことは今まで何度も取り上げてきたので、今さらこれ以上どうこう書きたくないですが
まあ、まずはプレーや成績で示せや、それから君の言い分を聞いてやる。ってことですわ。
マリナーズファンとして彼に云いたいのは。

城島くんの来期がすごく楽しみになってきた。
どう成長するのか。アメリカでも日本でもない、城島くんなりのキャッチャーとしての役割。
そういう意味では、いい番組だったかも(笑)

モイヤーの有り難いお言葉も残しておきたいので、
また暇があれば、文字に起こしたいと思います。
[PR]
# by keroppys | 2006-11-13 17:55

イチロー「Way over」

明日14日、WBCの優勝祝勝会が関係者で行われると、どこかの記事で目にしたのですが、
イチローは参加するのかな?
っていうか、まだ帰国してませんが・・・今日あたりからニュース番組は要チェックです。

ところで。
9月18日深夜に放送されたテレビ朝日の「Get Sports」のイチローインタビュー。
文字に起こすといいながら、2カ月近くも過ぎてしまいました。
そろそろテレビ朝日が例年のイチロー特集をやりそうな気配なので
きっと内容が重複すると思います。
でも、これはこれで記録ということで。
ナレーションはほとんど省いてますので
どういう番組構成になっているのか、理解不能かもしれませんが、あしからず。




イチローが日本で刻んだ数々の記録。
そして、海を越えて6年目。
アメリカで戦い続けた中で沸々とわき上がった気持ちがあったという・・・・
きっかけはWBC。初の野球世界一決定戦。


(8月。セーフコでのゲーム前の練習中。義田氏・・・ヨ  イチロー・・
(機嫌良く)はいどうぞ。ご無沙汰してます。
ヨ:音楽聴きながら(練習)?これはもう定番?
イ:だって40分間、何もできないですよ、僕、弱い人間だから。何かないと。
ヨ:ちなみに曲は?
イ:ミスチルに決まってるじゃん(得意気)。


「4月の打率」


ヨ:4月、最初の開幕してスタートっていうのが、イチロー選手のヒット数、打率っていうのか、2割4分ぐらいまでいったときがあって、結果的には2割8分7厘で終わってるんですけど、これを踏まえて今の状況から分析すると、4月っていうのはどんなふうに・・・?
イ:いや、終わったときには「あ、いいな」って思いましたね。
ヨ:え?すみません、「いいな」って?
イ:3割弱で、ヒットの数が試合数プラス4とか5ぐらいだったと思うんですけど・・・最高のスタートですね。
ヨ:え?それ、どういう意味ですか?
イ:去年、数字的にはよかった。で、間違いに気が付かなかった。っていうか、気付けなかった自分がいて、何となく惰性でいってしまった。

イ:やっぱり間違いがあるはずなんですよ。3割を切っているということは何か問題がある。それをしっかりと自分で認識できる結果でもあったと思うんですよ。まあ、今年はWBCがあって、いつもとリズムが違った。で、WBCで優勝して、このままの流れでいけるかなあと思ってくれた人もたくさんいたと思うし、僕もそうかなあと思ったりもしたんですけど、結果的にはそうではかった。

イ:4月、3割を切って、それでも試合数よりもヒットが多いというのは精神的な支えではありましたし。でも、自分をしっかりと見直すというか、今年1年の自分をつくっていく時期としては、あの結果というのは「良し」なんでしょうね。むしろ、4割とか5割よりもいいんですよ、結果的にはね。


「オールスターについて」


ヨ:今年のオールスターっていうことを振り返ってもらうと、何を感じました?
イ:オールスターって、先発でいっても3打席、時間にしたら1時間半から2時間くらいの間、グラウンドにいるんですけど、儚い(はかない)ですよね。
ヨ:儚い?
イ:要は、あの一瞬のために前半戦頑張るわけですよ。あそこに居たいために、前半戦、モチベーション頑張るんですけど。あの儚さ・・・儚いから貴重なのかな。そういうことを感じますね。
ヨ:なるほどね。


「達成のスピード」


ヨ:日本でのヒット数、1278本を越えて、アメリカで、メジャーで、1279本打ちました。この日本の記録を超えたということについては、イチローさん自分自身ではどのように?
イ:これは重要なことでしたね、僕にとって。
ヨ:重要?
イ:数もそうですけど、それを達成したスピードですね。これがまた大事なことで。

メジャー6年間 897ゲーム目
日本9年間 951ゲーム目

イ:アメリカに来て、日本でやってきた数字を越えていくっていうのが、ある程度こちらで出来ているという証し。分かりやすい物差しみたいになると思うんですよね。
ヨ:こっちのアメリカ人とか、こっちのメジャーのほかのプレーヤーがってこと?
イ:まあ、少なくとも僕は、1278という数字はね。ヒットの数。で、それを10年掛けて達成していたんでは、あまり意味がなくはないですけど、やっぱりスピードが大事なんですよね。日本の試合数よりも少なく達成することで、要は日本の野球というのが・・・こっちの人ってね、所詮、日本の記録だろうって思ってるんですよ、日本でやってきた記録なんて。異端って思ってるんですよ、そういうことを。ばかやろうって言うためにも、日本の試合数よりも少なくそれを達成する。


「継続の価値」


ヨ:でも、今の発言の中で、納得する部分もあるんですけど、一つ納得しないのは、世界新記録(年間最多安打記録)つくってますよね?メジャーのトップですよ。
イ:でもあれは1年での記録ですよ。1年だけやることって、結構できたりするんですよ。続けることが大事なことですから。
ヨ:だから1年というのは爆発するけど、それをずっと積み重ねて、日本よりもスピードも短く、試合数が少なく達成したってことが意義があるってこと?
イ:そういうことです。

ヨ:世界新記録と、日本の安打数の記録を抜いた、こういう積み重ねっていうことでの、イチローさん自身の中でのメジャーの人たち、アメリカの野球の人たちに、どっちが誇れるかっていったら?
イ:うーん・・・それはちょっと難しいですね、比較は。両方そうですけど。
ヨ:え、じゃ、両方に値するぐらいってこと?
イ:ですね。
ヨ:じゃ、世界一に値するぐらいってこと?
イ:まあ、僕の中では重要ですね。
ヨ:はぁー。じゃあ、2500安打、今年達成しました。次いくと、大変申し訳ないんですけど、3000本に・・・って思うんですけど。ちなみに最後に。。。
イ:3000本。3000本ですか・・・・。あと2年で打ちたいですね、今年除いてね、来年、再来年でやりたいとは思ってますけれども。

                                                   以上


このインタビューを聞いたときは、「イチロー、やっぱスゴイ!」って素直に感動したんだけど、
先日の日米野球を観たあとに、改めてイチローの言葉をかみしめてみると・・・
なかなか先はイバラの道だなあとつくづく感じます。
イチローのやってることって、アメリカ人やメジャー関係者だけではなく、
日本の野球選手にとっても、まだまだ本当の意味で伝わってないですよね。
人によっては「だから何だっていうの、ヒットの数やはやさが」
っていう考え方もあるだろうし、孤独な戦いですよね。
そして、彼のこうした地道な努力が理解してもらえたり、花が開くのは
きっと、数十年後・・・もしかしたら、彼が引退した遙かあとのことかもしれないなあ。。。
日本の野球界の将来を憂う者の一人として、ちょっとしんみり。。。
誰か、日本のプロ野球界を再び元気にしておくれ。。。
[PR]
# by keroppys | 2006-11-13 12:29


イチロー選手を中心に 城島選手やマリナーズを応援!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
柔道初段!?武道系グラド..
from 柔道初段!?武道系グラドル ..
目指すは女優?お笑い芸人..
from 目指すは女優?お笑い芸人? ..
北海道観光
from 北海道観光
セントラルホテル町田
from セントラルホテル町田情報
整体院求人大阪市
from 整体院求人大阪市案内
宮崎県求人
from 宮崎県求人の案内
プチホテル鶴岡
from プチホテル鶴岡情報
別府温泉旅行
from 別府温泉旅行案内
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧